DAITO KASEI

喜び、感動、そして驚きを提供できるリーディングカンパニーを目指して

SUSTAINABILITY

伝統を守る

1SACRAN(福岡県、熊本県)

九州の一部に生息する淡水性の藻類「スイセンジノリ」。
SACRANはそのスイセンジノリから抽出される多糖類の一種であり、極めて高い保水力を持つことから化粧品への保湿効果が期待できる、貴重な天然素材です。
この「スイセンジノリ」の生育には天然のミネラルを多く含む清麗な水流が不可欠であることがわかっていますが、近年、河川工事等により、天然のスイセンジノリの育つ清流が減少しており、大変希少なものとなってしまいました。
現在では、福岡県や熊本県にて美しい水、恵まれた環境、人々の多大なる尽力において養殖が進められ、安定供給が可能となっています。私たちがスイセンジノリ(SACRAN)を使用していくことで、この貴重な植物の存在と状況をより多くの人々に知って頂くきっかけになればと考えています。そして、この養殖事業の活性化、しいては元々あった美しい環境の維持、育成につながることが私たちの願いです。

出典先:みなべ・田辺の梅システムホームページ

2CHARCO POWDER(和歌山県)

CHARCO POWDERは和歌山県産炭ブランド「備長炭」のみを使用した化粧品用粉末です。この炭は、和歌山県みなべ市・田辺市の里山に自生する「ウバメガシ」を使用しています。 この地域の里山は、2015年に「みなべ・田辺の梅システム」として世界農業遺産に登録され、養分に乏しく崩れやすい斜面をうまく利用して持続的な農業を可能にしており、CHARCO POWDERの原料となる「ウバメガシ」の薪炭林はその一端を担っています。
この天然「ウバメガシ」を守り続けるために、一定の太さ以上の幹のみ採取する伝統的な「択伐」という循環型伐採法を用いており、この原木を守ることで、里山を土砂災害などから守っています。さらに、もう1つの大きな和歌山の伝統的な梅の栽培はこの山の麓で行われており、この産業を災害から守ることにも貢献しているのです。

詳しくはみなべ・田辺の梅システムホームページをご覧ください。

3KANAZAWA GOLD LEAF(石川県)

KANAZAWA GOLD LEAFは石川県金沢市の職人により丁寧に施された金箔を金の輝きを損なうことなく化粧品に配合しやすいように加工したものです。この製品を通じて少しでも多くの人々に世界に誇る金沢の金箔加工技術について知ってほしいとの願いから開発されました。