DAITO KASEI

喜び、感動、そして驚きを提供できるリーディングカンパニーを目指して

BUSINESS

喜び、感動、そして驚きを

世界中で役に立つ「粉体」のスペシャリストと
「化粧品素材」のエキスパートを目指して

化成品部門Chemical Division

私たちの中心事業である、化粧品原料の開発・製造・販売を行っています。
ファンデーション・サンスクリーンなどでたくさん使用される粉体の表面処理品(粉体の表面を他の素材で被覆し、元の粉体に付加価値をつける)、ハイブリット加工品(異種の粉体を組み合わせて、新たな価値を生み出す)に加え、新しい粉体そのものも独自で開発・生産し、世界中に販売しています。また、粉体の価値を最大限に活用できるように、例えば粉体を油/水に分散したものや、マスカラ・アイライナーなどで必須の皮膜剤や短繊維、肌の潤いを持続させるサクラン(水前寺のり抽出の有効成分)なども提供しています。私たちは自社で素材を開発し、その素材をすぐに自社で化粧品として評価しています。その結果、化粧品会社のお客さまとは具体的な話ができるので、お客さまの時間も節約できますし、私たちも軌道修正を素早くできます。

樹脂部門 Plastic Division

合成樹脂の製品にも、粉体はたくさん混合されています。
例えば、カメラや携帯電話、プリンターなどで根強く人気が高い「漆黒のボディ」は、私たちのカーボンブラック粉体40%を合成樹脂に練り込んだ「マスターバッチ」を使用しています。ショット・ブラスト(投射材)は、生産技術力を活かし、ポリカーボネイト樹脂は、世界最小サイズ(直径0.4mm/長さ0.4mm)の生産にも成功しました。精密部品の大きさが小さくなり、小さいサイズのニーズは高かったので、多くのお客様に喜んでいただいています。

インキ部門 Ink Division

私たちの粉体の分散技術は、文具用インキ(筆記具としてのマーカーペン、ホワイトボード・ブラックボード用のマーカーペン)でも、活躍しています。このマーケットは、文具の容器形状や、何の上に書くのか、消えにくい方が良いのか、拭き取りやすい方が良いのかなど、その多様な目的に応じたテーラーメイドの品質が不可欠となります。そのため、文具を生産・販売されているお客様との共同開発/改良でお役に立てるよう日々技術を磨いています。